忍者ブログ
[PR]
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017年08月18日  19時39分
アビスプレイ7。只今二回目のダアトまで
CATEGORY : [プレイ日記]
サボっていたグランコクマからイオンの私室を訪れたところまで一気にいきます!!

グランコクマでピオニー陛下の謁見後、宿屋で封呪されているアンスロットを解除しているイオン、ガイ、アニスの下へ。そこで新事実発覚!ガイはなんとマルクト貴族の息子でした…!!それを横で見ていた妹が過剰に反応…。えりゅにも伝染して二人して「きゃーー!!!」と雄たけびを上げていたわけですが…。

まあ、とにかく残りのメンバーと合流してセントビナーへ向かいます。

イベント後、ディストがつれてきたボスキャラを軽く倒して、民の避難を手伝っていましたが崩落が始まり、少数の民がセントビナーに残されてしまう。そこで飛行できる音機関があるとの情報を得て、それを求めてシェリダンへ。

シェリダンで音機関の情報を確実なものとした一向は試作機一号に積んでいるという浮遊機関を求めてメジオラ高原へ。二手に分かれる、とのことでしたのでエリュはルーク、ガイ、ナタリアメンバーと残りとに分けました。幼馴染メンバーかなり大好きですよ!!てか大好物

とにかく、無事に浮遊機関を回収し、二号機に装備してアルビオーレ発進!!

アルビオーレから開戦してしまった事実を知ります。

セントビナーに戻った一行ですが、崩落始めた大地は止める事が出来ず、民をアルビオーレに乗せてユリアシティに向かいます。

ユリアシティでセントビナーの少数の民はかくまってもらえることに。一向は消失したセフィロトツリーをどうにかして復元できないかとルグニカ地方のパッセージリングのあるシュレーの丘へ。

第五音素を上手く利用してシュレーの丘のセフィロトへ続く道への封印解除をしますが、えりゅは素敵なコントローラー捌きで入るのに軽く10分はかかりました(汗)なかなかミュウファイアが届かず、四苦八苦。

なんとか解放して入ると、ダンジョンになっているわけです。はぁ…。

早くストーリーが知りたい人間としてはめんどくさいんですよね。挙句、三つのダアト式フウジュというのを解かないとパッセージリングは開かないし…。(キレ

めんどくさい…。と思いながらも無事に記憶粒子を噴出させることに成功。

魔界から再び外郭へ戻ります。

ここで、停戦を呼びかける組とエンゲーブの民を避難させる組に。

えりゅはナタリアの大ファンですので、ソッコーでナタリア、ルーク、ガイのおなじみメンバー残りはエンゲーブへ。

アイツールへつくとキムラスカ軍は戦地へ赴こうとしているところでした。セシル将軍に会うことが出来、停戦を呼びかけるにはナントカ(ぇ)伯爵に謁見しないといけないらしく…。その人物はケセドニアにいるとのことで、戦地をぶった切ってケセドニアへ!

無事にケセドニアに着くと場面は変わってエンゲーブメンバーに。

エンゲーブではすぐさま避難が開始。アルビオーレに乗せ切れなかった民を護衛、という形でケセドニアへ。

ケセドニアに無事に到着すると、カイツール組と合流。伯爵に会いに行きますが大詠氏モースの言葉にナタリアは返す言葉も無く…。

結局、キムラスカ軍を止める事が出来ず、キムラスカ国王に会わないといけないという結果に。

ケセドニアの代表者、アスターに状況を知らせる為、屋敷へ。彼は戸惑いながらもルークたちの話を受け止め、励ましの言葉をかける。

一向は崩落し始めたケセドニアの崩落速度を緩める為に、パッセジーリングのあるザオ遺跡へ。

ケセドニアを出る前、再びルークに頭痛が。アッシュからの伝言は遺跡に行く前にオアシスに寄れ、とのこと。ひとまず、話を聞くためにオアシスへ。

アッシュと話をした後、一向は遺跡へ。依然、シンクとラルゴの二人と戦ったさらにおく、パッセージリングの起動を促すと、いったんケセドニアへと戻ります。

他の大地も、崩落の危険性が出てきたため、パッセージリングの起動をする必要性がでてくると、一人ダアトへ戻ってしまったイオンと合流する為、一向は外郭へ、ダアトへと向かいます。

拍手[0回]

PR

2006年01月06日  23時53分
コメント[ 0 ]  トラックバック [ 0 ]
<<おねむねむ〜 | HOME |本日の日記えり視点(藁>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<おねむねむ〜| HOME |本日の日記えり視点(藁>>
忍者ブログ[PR]